公的研究費の管理?監査体制

不正防止対策の基本方針

文部科学省より「研究機関における公的研究費の管理?監査のガイドライン(実施基準)(2007(平成19)年2月15日付にて文部科学大臣決定)」が示され、2014(平成26)年2月18日の改正を経て、2021(2021欧洲杯官网在线3)年2月1日に新たに改正されたガイドラインが示されました。
2021欧洲杯官网在线では、責任体制の明確化及び事務処理手続きに関するルールの明確化のために、「酪農学園大学研究費等の取扱いに関する規程」、「酪農学園大学科学研究費助成事業取扱規程」を制定し、さらにガイドラインに基づき「酪農学園大学不正防止計画」、「酪農学園大学行動規範」等を策定し、関連する各種規程等の見直し等を進め、学内の管理?監査体制を整備しております。こうした取り組みにより、学内においてコンプライアンス教育を実施し、教職員より誓約書を徴収、取引件数、取引額の多い取引業者様に対してもコンプライアンスについての説明会を実施し、誓約書を徴収して適正な運営?管理を行っております。また、研究倫理教育についてはガイドラインに従い、全教員が受講しております。今後も、教職員のより一層の意識向上に努めるとともに、上記のガイドラインに沿った公的研究費の適正な運営?管理に向け、学内の環境整備に努めて参ります。

酪農学園大学長